■メールマガジン購読申込
オンラインショッピングの新着情報・クラブ法人の新着ニュースをはじめ、最新情報をいち早くメールにて配信します。
2/6 ケイムホーム産駒、米で初重賞V
     現地時間2月2日、米カリフォルニア州サンタアニタパーク競馬場でG3ラハブラS(3歳牝、芝約6.5ハロン、9頭)が行われ、現在日本軽種馬協会静内種馬場で繋養中のケイムホームUSA産駒パッション Passion が優勝。産駒初の重賞勝ちを挙げた。勝ち時計は1分13秒52、馬場状態は Firm(堅良)だった。

----------------

 スタート直後、パッションは2番手を手応え良く追走。2ハロンほど行ったところでジンワリとハナを奪うと、そのまま先頭で直線へ。インコースからアリージ Ariege に激しく迫られたが、これをハナ差で押さえ込んで初重賞制覇を果たした。

 パッションは父ケイムホームUSA、母ラジマタ Rajmata(母の父ノウンファクト Known Fact)という血統の米国産馬で、通算5戦3勝。キャリア2戦目のG2アディロンダックS(ダ6.5ハロン)で3着に入った実績も持っている。

 父ケイムホームUSAは現役時代米国で12戦9勝。G1パシフィッククラシックなどG1・3勝を挙げた一流馬で、03年から米国で種牡馬入り、今年から日本で供用されている。初年度産駒のシーピーウエスト C P West がG2で2回、G3で1回2着に入っているが、まだ重賞勝ちを収めた産駒は出ていなかった。 (2/6)
    戻る
■今週の競馬開催
JRA(日本中央競馬会)
NAR(地方競馬全国協会)
■中央競馬各種ランキング
■中央競馬リーディング
■中央2歳リーディング
■生産者取得賞金
■馬主取得賞金
■調教師取得賞金
■ジョッキー勝ち星
■調教師勝ち星
■今週の中央競馬出走馬一覧 - 毎週木曜日18:00頃更新 -
 
サイト運営 - お問い合わせ - 広告について - サービス案内 - リンクについて - サイトマップ
Copyright(C)2004 Japan Horse Navigation System. All Rights Rrserved.