■メールマガジン購読申込
オンラインショッピングの新着情報・クラブ法人の新着ニュースをはじめ、最新情報をいち早くメールにて配信します。
7/31 超良血マイタイフーンが念願のG1制覇
     現地時間7月28日、米ニューヨーク州サラトガ競馬場でG1ダイアナS(芝9ハロン、3歳上牝、8頭)が行われ、2番人気のマイタイフーン My Typhoon(牝5、米W.モット厩舎、E.カストロ騎手)が優勝した。勝ち時計は1分46秒47、馬場状態は Firm(堅良)だった。

----------------

 マイタイフーンは父ジャイアンツコーズウェイ Giant's Causeway、母アーバンシー Urban Sea(母の父ミスワキ Miswaki)という血統の愛国産馬で、通算成績は19戦9勝。重賞は6勝目で、G1は初勝利となった。

 母アーバンシーは93年のG1凱旋門賞の勝ち馬で、同年のG1ジャパンCにも来日(8着、勝ち馬レガシーワールド)している。産駒成績は超のつく優秀さで、3番仔のガリレオ Galileo(01年欧最優秀3歳牡馬、G1英ダービーなどG1・3勝)、4番仔のブラックサムベラミー Black Sam Bellamy(G1タタソールズゴールドC、G1ジョッキークラブ大賞)と、2頭のG1馬を産んでおり、マイタイフーンは3頭目のG1ウイナーとなる。

 マイタイフーンはその良血振りを買われ、当歳時(02年)に英タタソールズ社ディセンバーセールで180万ギニー(約3億7千万円)という破格の値段で落札された。この額は、昨年のセレクトセールで「トゥザヴィクトリーの2006」に6億円という価格がつけられるまで、当歳牝馬のセリでの最高落札額だった。

 気になるマイタイフーンの獲得賞金総額は130万3361ドルで、日本円にすると1億5千万円前後といったところ。まだ元は取れていないが、繁殖牝馬としての価値も考慮すれば、決して高い買い物ではなかったといえるだろう。

 今後は昨年6着に敗れたG1ブリーダーズフィリー&メアターフを目標にレースを使われていく見込み。 (7/31)
    戻る
■今週の競馬開催
JRA(日本中央競馬会)
NAR(地方競馬全国協会)
■中央競馬各種ランキング
■中央競馬リーディング
■中央2歳リーディング
■生産者取得賞金
■馬主取得賞金
■調教師取得賞金
■ジョッキー勝ち星
■調教師勝ち星
■今週の中央競馬出走馬一覧 - 毎週木曜日18:00頃更新 -
 
サイト運営 - お問い合わせ - 広告について - サービス案内 - リンクについて - サイトマップ
Copyright(C)2004 Japan Horse Navigation System. All Rights Rrserved.