■メールマガジン購読申込
オンラインショッピングの新着情報・クラブ法人の新着ニュースをはじめ、最新情報をいち早くメールにて配信します。
7/18 ピーピングフォーン完勝/愛オークス
     現地時間7月15日、愛カラ競馬場でG1愛オークス(芝12ハロン、3歳牝、12頭)が行われ、2番人気のピーピングフォーン Peeping Fawn(牝3、愛A.オブライエン厩舎、J.ムルタ騎手)が優勝した。勝ち時計は2分39秒1、馬場状態は Soft to Heavy(不良)だった。

----------------

 先団につけていた英オークス馬ライトシフト Light Shift(1番人気)が直線入口で逃げ馬に並びかけ、抜け出しを図った。それをマークするかのようにピーピングフォーンが外から馬体を併せ、力強く伸びてライトシフトを直線半ばで交わし去った。後は差が開く一方で、3馬身半の差をつけて1着。ライトシフトは2着だった。

 ピーピングフォーンは父デインヒル、母マリインスキー Maryinsky(母の父サドラーズウェルズ Sadler's Wells)という血統の米国産馬。米G1ケンタッキーオークスの勝ち馬である祖母ブラッシュウィズプライド Blush with Pride の流れからは、今年のG1ベルモントSを制した牝馬ラグズトゥリッチズ Rags to Riches も出ている。

 ピーピングフォーンは通算8戦3勝。今年4月にデビュー(3着)し、G1愛1000ギニー3着、G1英オークス2着を経て、前走愛G1プリティポリーSで古馬を相手に初G1制覇を達成していた。 (7/18)
    戻る
■今週の競馬開催
JRA(日本中央競馬会)
NAR(地方競馬全国協会)
■中央競馬各種ランキング
■中央競馬リーディング
■中央2歳リーディング
■生産者取得賞金
■馬主取得賞金
■調教師取得賞金
■ジョッキー勝ち星
■調教師勝ち星
■今週の中央競馬出走馬一覧 - 毎週木曜日18:00頃更新 -
 
サイト運営 - お問い合わせ - 広告について - サービス案内 - リンクについて - サイトマップ
Copyright(C)2004 Japan Horse Navigation System. All Rights Rrserved.